携帯から更新いたします。

携帯から更新いたします。

どうもこんばんわ片岡です。

クリスマスイブなんすけど、いつからクリスマスイブ自体がお祭りみたいになったのだろう。昔は確かに12月25日が圧倒的にクリスマスで、その前夜から日付が25日に変わる瞬間に、大きな袋を持った白いヒゲのおじさんに化けた父が煙突という名の部屋のドアを開けて、願いをかけておいてあった大きめの靴下の中にプレゼントをいれて、朝起きると心からありがとうとテンションがあがった夜の出来事をイブと呼んでいたような気もするけど。あの時代はどんなファンタジックな事でも信じられたなぁ。

ソリでやってくるおじさんの事も、羽がはえた白い馬も、吸血鬼も、伝説の槍と呼ばれるグングニルの存在も、全部信じてました。

毎年恒例のイルミネーションそっちのけで、世間様の関心とは無関係な方向の、きっと社会人としてはそんなに肯定されるような事ではないかもしれないけど、自分にしかできない事を好き好んでやってる感じです。

書き写したイラストは完成度が上がるけど、こんなんかなぁって感じで適当に書いたラフ画が一番よかったりする。あれをいつでも繰り出せるようになる技を身に付けたい。

まぁ、無理なんやけど!

ではメリークリスマス。