始動!片岡自動車工業Vol.3。

始動!片岡自動車工業Vol.3。

おれです。ずっと告知するすると言っておきながら2017年終わりの足音がもうすぐそこに。

12月19日。
片岡自動車工業vol.3がいよいよ片岡の脳内だけでなく、他者と、密接に、音を立てて動く日です。インプットからアウトプット側へ。出力を大きくではなく明確にしっかりやっていく所存。「グッド・コマーシャル」でもこの意識がかなり役立ったので再確認と言う意味でも成長の成果を見せる時。以前の自分とは違うぞ。青子の最中からじっくりと考えてきた事が熱を帯び世界が広がって、メンバーも出揃いつつあり、常に最初の一人から始まるこのスタイルも結構馴染んできた。

宣伝美術もやっているので、ビジュアル面でもあれこれと楽しんでいただけるように工夫中です。今回も協力なサポート陣が揃っていますが、所帯が前回以上のものになりそうなので、いよいよ心臓がどうにかなりそうですけど、か弱い心臓を鋼の作りに、いずれはダイヤモンドに。

でももうね、大抵の事には驚かなくなった。
ある程度の推測を立てて、そこから分岐するいくつもの可能性を考慮しておく癖がついたので、多少の急場は頭脳でなんとかなる。頭脳でダメならガッツ。ガッツでもダメなら、頼れる人に頼る。この「頼る」という行為はプライドが邪魔したり、頼る相手がいなかったり、いろんな事情でなかなか出来ない。甘えと思ってしまったりもしますから。でもね、おれは格好悪い事なんてないと思ってなくて。

頼るということと、アテにするということの間には大きな差がある。自分だけでは無理なことがどうしたって出てくる。なにをどうしようがそこは仕方ない。おれのような奴が作る作品が好きだと言ってくれる共演者がいて、お客さんまでいる。随分と待たせちゃったからな。なにより自分自身の期待に応えるべく、次回公演では、おれ自身が舞台のセンターでアレをぶんぶん振り回すぞ!

美容師さんが気を利かせて前髪を切らないでおいてくれている。面倒になるとすぐに前髪を切ってしまうおれは、長い前髪をピンでパチっととめている。つまりおでこが出る。新しい自分の顔が出る。鏡を覗き込んで自分の顔を確かめてみる。大丈夫、目もしっかりあいていて、顔面の筋力も戻っている。蟷螂さんはそんなおれをハンサムと言ってくれた。ハンサムだなんてそんなタイトルの作品を書いた覚えはあるけど言われた事は一度だってない。

まだ課題は山積みだけど、次回公演に向けて毎日精進します。発表は年明け。
言っとくけど、すんごいメンバーだかんね!

そしておなじみになりつつある、芝居以外とのコラボも燃え上がるくらいにやります。どうして毎回コラボ先が見つかるのだろうか! でもこの縁は大切にしたい。

先生。
学級委員長だったおれに、さとみちゃんを副委員長にして放課後二人きりで居残りをさせたのは、おれの初恋をこっそり応援してくれてたからなんでしょ。あの頃、紛れもなくおれのヒロインだった彼女は、今でも尼崎で元気にやってました。偶然お会いしました。誰かのヒロインになっちゃったさとみちゃんも、とてもとても美しかったです。

おれは誰かのヒーローになれるように気合を入れねばならぬ。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする