突き抜けた。

突き抜けた。

おれです。こんばんわ。どうしても深夜の更新になっちゃう。

三連休の最終日「何億年先でも」のドレスリハーサル。衣装はずいぶん前から植田さんから頂いておりましたが、衣装の形状も相まって、着用しての通し稽古は初めてでした。

ネタバレネタバレ言うてたらなんにもできませんけど、最近たまにあるじゃないですか。本番衣装これです!みたいなのをSNSで発表するところ。個人的にあれは、演劇を相対的に見るとマイナスのような気がする。だって本番の楽しみ減っちゃうじゃない。それと同じで女優も、普段からの露出が増えただけに、ここ一番で勝負!みたいな刹那的な輝きが鈍っている気もします。時代遅れなのかもしれない。おれはおれが大事に思うことをブレずにするだけだ。

「何億年先でも」のランタイムは27分。
まりえちゃんの芝居にドライブがかかった。今回の作風的にドライブは必要ではないと思っていたけど、まさか融合するなんてことがあるとは。底力は見せてもらっていた気でいたけれども、底がしれなくなった。一人芝居経験者は演技がガラッと変わる人もいるけど、まりえちゃんもそうなってくれると思わせてくれる通しだった。

技を技として繰り出す事はせず、ただただそこに生きてくれていた。ストンと胸に落ちてくる感覚が、ここにきて飛び出たのでハートをキャッチされた気分だった。やっぱ間違ってないよ、この芝居はいいやつだ。ありがたい事に本番までまだ一週間ある。稽古で、この先を見てみたくなった。

おれとまりえちゃんのタッグ感は、こういうことだ、という答えがしっかりでた。狙い通りでもあるので、クオリティを上げつつ、インファイトをしていきたい。

おれの幼少期の写真。警察になりたかった覚えはない。
「何億年先でも」はこんな時代のお話を切り取ってます。

明日は稽古総見。キッカケも洗った。素材も揃えた。イメージも伝えた。台本も作った。
たぶんINDEPENDENTというフェスに対して、おれはいま、一番臆病な気がする。臆病である事は演出には必須だと思っている。

先生。いつまでも臆病でいるおれに勇気を与えてくれたのもあなたでした。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする