台詞のない殺陣芝居。

台詞のない殺陣芝居。

今日は壱劇屋を観に行ってきました。感想でも書いとこうかな。せっかくなんで。
竹村君演出の、5カ月連続の。もうノンバーバルって言わなくなったんだっけ。台詞のない殺陣芝居だったっけ。確かに厳密に言うとノンバーバルではない。ミュートバーバルとか、サイレントバーバルとか、BGMに重きを置くならメロディアスソードバトルとか(ダサい!)とにかくノンではない気がしていた。

そして、3800円は高いよね! 普通に鬼高い。

劇団の勝負作品なのはよくわかるし、出演者はすごく頑張ってたんだけど、それにしたって高い。

台詞がないんだったら、せっかく情緒ある作品なんだし、カーテンコールも黙ったままのほうがクールだったという個人的な見解もあったり。あんまりグッズの事、ぐいぐい来られたら芝居の余韻も吹っ飛んじゃう。

結局、登場人物は4人でいけたんじゃない?って思ってしまった。アクションモブにも効果を持たせるなら照明プランを全部変更したほうがいいと思った。
照明に関しては勿体ないの一言。
まず大前提として、言葉がないんだから、役者の表情をしっかり取れる明かりを用意しなくちゃ全体的にシルエットばっかりになってたし、せっかくその登場人物の気持ちになりたいところなのに、明かりがまずいせいで、突き放された気分もしばしば。大熊君作品だったらあれで合ってるとは思うけど竹村作品には不向きな印象を受けました。

色んな展開の中での「?」が飛び交う現象もしばしばあった。言葉がないせいで説明不足ではなく説明皆無なわけですから、「しゃべってくれたらいいのに!」とも思うし、そうと思いきや笑い声や雄叫びや悲鳴は発音するのはいいのかと、ルールも漠然としていたので新ジャンルを目指すならとことんやってもいいんじゃないかなぁ。それを見たいや。

「?」が飛び出す原因は、因果の、「結果」のほうは目の前で演じてくれるんだけど、
「原因」については説明がなくて、

「さっきの誰!?」
「敵は誰!?」
「何と戦ってるの?」
「今、時系列変わった? あ、回想シーンだったのね!」

知りたい理由のほうが述べられないまま(表現されていない)というのが大きな課題なのかもしれない。これは最初から思ってた事なんだけど、世界観もジブリッシュなせいで、両刃剣のような直刀が多かったんだけど、殺陣の軌道はミネもある日本刀なんで、刀身にしなりがないのが違和感だったりしました。もっとバスタード的なやつで戦ってたんじゃなかったっけ? となりました。

しかし、坂口修一さんだけは、この台詞のない殺陣芝居において見事としか言いようがないほど感情が事細かに伝わってきて、なんちゅう人や!ってなりました。顔も大きくて好きでした。

吉田くんには直接伝えたので割愛しときます。

でも、個人的にはとても応援しているし、実際凄いことにチャレンジしているし、それが初日からしっかり形になってるし、これからもますます期待が膨らんだいい時間でした。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする