I believe in me!

I believe in me!

こんばんわ。どうも片岡自動車工業まっしぐらです。明け暮れたムーンビームマシン「月雪の娘」の稽古。通しでした。明日稽古で明後日はもう小屋入り。本番の足音が近づいてくる。半袖がすっかり寒くなった今日この頃。

今日の通しを経て、ワントライに懸ける想いで突っ走った。がっつり絡む事になる山川優子さんはとても芯のしっかりした方で対応も丁寧で、嫌な顔ひとつせずにずっと付き合ってくれる。ありがたい。ぼちぼち安定しなきゃのキャンペーンですが、「これ!」というアイデアがどうしても生まれて、きっとこれは自分の役の真芯を食らってるだけでなく、優子さんとのコミュニケーションもアップするんじゃないか、というささやかかつ大胆なプランをぶつけてみた。

手応えはしっかりあった。一点突破みたいな感じだけど、これが今の僕。みたいなものが生まれた。

これといってモテたりなんかしない頑張るがトレードマークみたいな僕は、毎回四苦八苦だ。二枚目もできないし、すぐにおどける。そのせいで芝居全体に悪影響を及ぼし続けていましたけど、骨格が見えたような気がした。本番見ても「ほんで、どこやねん」ってなると思いますけど。

ところで自分の稽古合流からここまでの蛇行っぷりを振り返ってみて、若干ですが、少しずつ役者としてのスタンスを取り戻しているような、なんか舞台に血肉が通っているようなそんな感覚になってきました。まだまだ体も重たいんだけど、やりたいプランの幅が増えた。まだ時間は残っているので底上げしていきたい。

なかなかね。
いろんな事が重なり続けて、どうしても自分に自信が持てない時期が長く続きすぎて、自分との戦いに中々勝てなかったけど、今でさえ勝ててはしないけど、ちゃんと戦ってる感じ、するんすよ。演出だの、脚本だの、どうのこうの言っても結局役者やりたいんすよ。って立ち返ったりね。

せっかくテンションがそっちにいってるので、ぶちまけますけど、ある時期からね、衝撃的な事件も3つくらい重なって、すっかり自信がもてないままでいました。常、どうにかしようと足掻いていたんですけど、出口が見えないと言いますか。そんな中、満月動物園さんであったり、佐藤太一郎プロデュースさんであったり、劇団925さんであったり、浮遊許可証さんであったり、生かされ続けてたんだなあとしみじみ思うわけなんです。今回のムーンビームマシンさんでもそうですが。感謝しかないです。あの苦しい時期にあの数々の経験がなければ今がなかったようなもんです。

もちろん片岡自動車工業は旗揚げしたし、段階を踏んで徐々に徐々に進んでいますけど、自分が自分を信じれなくなっちゃもうだめですよね。最近は右肩上がり。落ちるところまで落ちたのだし、あとは上がっていきたい。いきます。自分も、まわりの寄り添ってくれるたくさんの方々も、信じて。

信じる、とかなー、あんまり押し付けがましくてチョイスしない言葉なんですけど。今は胸を張って言います。

I believe in me!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする