狐姫、観劇。

どうも片岡百萬両です。

ブラック☆タイツ「狐姫」を観てきました。

わりと無茶苦茶に書くと思いますので、あの作品を面白く観劇された方は以下の感想を読むのはあんまりおすすめしません。

※言っときましたからね!

【感想】

類稀なる間に合ってなさでした。出演者は頑張っていましたし、それはしっかり観ている側に伝わって来たのですが、とにかくスタッフワークが無茶苦茶で目を疑いました。初日のステージを観たのだけども、これは正直チケット代を返してほしくなるクオリティといいますか。

ちゃんとリハーサルやったの?
ちゃんと暗転チェックしたの?
ちゃんとサウンドチェックの時間とったの?
ゲネプロはちゃんとやったの?
役者の台詞聞こえないけども何故!

ズレまくりの効果音に、チグハグな照明、ちっともシンメトリーを決めてくれない舞台美術センターの扉の開閉。
サスも役者を照らしてないし、何を見せられているのかと思いましたよ。やりたいことを詰めるのは良いですし、そのせいでランタイムが3時間になろうが別に構いませんけれども。

ただアナウンスでは2時間半だったし、カーテンコールで半笑いで「こうなりました」って言われてもちっとも笑えませんよ。まずタイムに関しては、まさか初日が初通しってわけでもないでしょうから、スタッフ各位は、予めランタイムの予測はできたんだろうしアナウンスは必須だったでしょう。
30分ウソついてるんだから。

遠方からわざわざ足を運んでいる方だっているはずですし。観劇終わりで予定を組んでいた方ももしかしたらいたのかもしれないですし。

ただ芝居が詰まらん!

っていうのは好みの問題もありますし、そういう部分に関しては特に突っ込むつもりもないですけど、とにかく準備不足。興行を行う上で、観客の時間を拘束して、お金を取るという事に対する誠意を全く感じなかったのでガッカリしました。もう間に合ってないとかいうレベルじゃなくて、もはや怠慢だと感じました。

基準や物差しは人それぞれですが、これはあくまで公演形態を行う演出部の責任だと思います。

ただでさえ長いランタイムに加え、前後と無関係な日替わりゲストコーナーに突入された瞬間は、もう本当に背筋が凍るかと思いました。

ダンスや殺陣も歌もおおいに結構な事だけど、肝心の芝居部分でなにも響いて来ないんだから、そもそも台本が好みではなかったんですね。少なくとも僕にとっては。あの作品を好きだと言う方の否定をする気はありません。そんな方もいらっしゃるんだと思います。そこそこに笑いも起こっていたようですし。

まぁ!
僕は一回も笑わなかったけどね!
心も震えなかったけどね!

あと、わりと個人的に思うのは、エピローグへの転換の仕方や流れが、自分のかつての作品に酷似していたのは非常に驚愕した。あれはパクりなのかどうか、本人にあったら直接問いただしてみようと思います。
別に自分の専売特許と言うわけではないけれど。

せっかくですし書いておきますと、ヒロインの米山真理さんは、うちにも出演という形でお世話になっていた女優さんでして、そのきっかけになったのが彼女の代表作でもある「シロとクロ」という一人芝居を観た事からでした。それで狐姫の内容が、お互いにシロだのクロだの、呼び合ってるわけですよ。僕が「シロとクロ」の脚本演出をしている身だったらブチ切れてるかもしれないですね。わりとマジで。

とにかく人の作品をしっかり観て、しっかり勉強しないことにはこの先が不安ですね。役者としても出演されていましたがらナルシズムの一本調子で残念な気持ちになりました。あらゆる面で。うん、まあ、たぶんこの先、観る事はないでしょうけど。

最近ホラ、盗作とか、解散とか、引っ越しとか、色々ゴチャゴチャってなってるじゃないですか。一回ちゃんと見つめ直そう。の時間を、設けた方がいいんじゃないですかね全体的に。いや、しっかりしている現場もたくさんあるんですけど。準備って出来てて当たり前な部分もあるから、普段は見えてこないんですよね。ちゃんとしてるところに限って。

同業者からすると、おいおい待て待てってなる作品なわけだったわけですし。しかも単価もね、観劇の。だんだん高くなってるし。

高いのはいいです。ただその価値に見合った内容を用意しなくちゃいかんのでは。

カツラかぶって格好つけて刀振って、くらいだったらコスプレの皆さんでもしてらっしゃるじゃないですか。役者を活かしてやって下さいよ。ニトリくらいの、お値段以上のものを期待したいもんです。

近鉄アート館さんもね。

こりゃ何様だって言われるでしょうけど、そこらへん承知で書きますけど、劇場のネームバリューつけたいなら、まず上演演目の値踏みや、企画の選定からしたほうがいいかもしれないですね。せっかくたくさんのお客様がアクセスできるいい劇場なのにもったいない。台無しです。

ちょっと尖った事書いとくと、あの劇場空間、演出的にちょっとハードル高いですね。構造が。音も合わせにくいし、だいたい三面舞台になるから、自分の場合はまだまだ恐ろしくて挑戦出来ません。一面だけでも演出大変なのに!

これだけたくさんの事を感じさせてくれた事については、感謝を述べねばなりませんね!

勉強させていただいてありがとうございます。

関係者の皆様、お疲れ様でした。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする