敷居の定め方。

敷居の定め方。

正しいとか、正しくないとかはさておいての話。

おれは今、これまでに体験していない事に挑戦している。ツンとドラのユニット結成。旗揚げでHEP HALL。クールだと思う。今の所自分は。

関係者がこんな事を言っていた。

「最近HEP HALLで打たれている芝居、全然面白いのないンすよね」

未だHEP HALLで公演を行なった事のない劇団の作演出家の発言だ。

「だからあそこで打つメリット、あんまり感じないンす」

うん。そう思ったらそうしたらいい。
別にあの劇場がゴールでも目標地点でもないんだし好きにすればいいけど、ディスるなら演ってからディスれよって思っちゃうわけですよ。ほんでもそれだけでかい口叩いといて、可愛らしい小屋でしか打ってないし、演目からしても雰囲気からしても演目で劇場の大きさを選んでいるわけでもなさそうだから、一応憧れてたりもすると解釈。

ところで最近の役者の在り方に疑問を感じることもしばしば。SNSで発信も受信もしやすい時代になったせいだけども「かまってちゃん」が増えた。これはもう格段に。

「おれ!めっちゃ頑張ってます!観に来てね!」

とかは全然良いんだけども

「おれ!こんな苦難にぶつかってます!でも頑張ります!」

はもうしらんがなとなる。こういうのがすげぇ増えちゃって、なんだったら共演者同士で「頑張ってね!」とか「あれは良かったよ!」とか慰めあったりしちゃってて、もう何が何だか。部活でもやってんじゃないのってくらいに。

だってもうすげぇわかりやすく言っちゃうと最近じゃ平気で4000円を越える金額を取るんすよ演劇が。そんな金額を出してまで劇場に足を運んで、苦難にぶつかってるやつの苦悩を見せつけられるわけで、そんな稽古での艱難辛苦は後にして本番、クールな芝居で魅了する事にのみ殉じてくれよと思う。

役者なんて本番で脚光浴びるんだからそのためだけに、その一時間か二時間の間、全身全霊で輝けるように、稽古を重ねるんでしょうが!
稽古での苦労話なんて聞きたくないYO!!

「褒められたい」という心理は良くわかるけど、そのさらに向こう側の「構ってもらいたい」という心理で舞台に立たないで欲しいナァ。だからすぐにSNSでもネガティブな事を発信しがちなんだけれども、ファンタスティックな事をやろうとしているんだったらその創作過程は露出しない方針でっておれは思う。そのようにやるけれども。

だから敷居の定め方については色々思うところもある。
主宰だから決めなくちゃいけない事は決める。

例えば、USJに行って店員さんがテンション低かったらもうそれだけでシラケるでしょ。君は昨日恋人と別れて悲しいかもしれないけど、楽しみにきてるお客さんは君の傷心を見かけたらがっかりするに違いないんだ。
USJでもそれくらいの社是があるのに演劇界隈はもうグダグダのじゃじゃ漏れ。芝居が今ひとつジャンプアップしないのは、そこらへんのアイドルさんたちよりも全然制限がかからない状態で、友達ごっこをSNSで見せつけた挙句、宣伝メールだけ頻繁に来て、しょうがないから見に行ったら行ったで、てんで大した事してなくって、やっぱり知り合いだけが楽屋に押し寄せて、仲良さそうに写真撮って投稿してんだ。まだ美味しそうなパンケーキの写真の方が全然嬉しいわい。

「お客さん全然入ってません!助けてください!」とか簡単に言えちゃうんだ。芝居で魅了してくれよ。お客さんが入ってないとか、もうただの怠惰だしな。だって、手売りする時間を割いて頻繁に飲み会開いてるんだもん。宣伝やらに尽力注げているならまだしも、飲むのが目的なんじゃないの的な現場も多くて、稽古場に行くと一回飲み会に行くのが決まりみたいになってて、お酒を飲まないおれはコーラに3000円とか払う事になるんだけども、すげぇ高いコーラになっちゃう。お代わりしてたとしても一杯で1000円。1000円あれば何日も生活が出来ちゃう。

この全力で作ったフライヤーは本日到着しました。巻きますよ!
でもこないだSNSで叩かれちゃった。「ツンとドラのチラシ、全然そそらない」って。そのアカウントちょろっと見たけど、完全に誰かの裏アカウントって感じで、個人攻撃が目的である感じだった。よくもまぁ匿名で誹謗中傷してくれるじゃねぇのって感じ。別に良いよ、これがピンとこない人がいることも覚悟もしてるけど、個人的感情でこじれた風評被害出すのはな、卑怯だぜ。だからだいたい誰かも検討ついてるけど、おれは知らない顔をするよ。たまに現場で会う人物だけどね。気づいてない振りしといてあげる。でも、もし何かキッカケがあったら、その時は覚悟しとけよな。

って言うかこのフライヤーかっこええやないか!

おれは気にいっとる。

憤りもしっかりとしたモチベーションに繋がるんだからな。

でもな、そんな事もうしなくて良いから幸せになってほしい。裏アカウントまで作ってサーチかけては機嫌悪くなって呟いたりするんでしょ。そのエネルギーは、もっと別の役立つ何かに当てれるはず! おれはおれでよろしくやってるから。それがお別れと言うものだろう。粘着してると嫌われますよ。

はぁい!

毒を吐くおれもここからガンガン出て行きます。

【追伸】
戒田さん。痩せて行くおれに「性格まで尖らないようにね」と言ってくれた、おれの恩人であり同業者として敬愛してやまない戒田さん。
ごめんなさい。おれはますます尖ることになります。
どうかあなたもこれまでになく尖った作品を作ってください。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする