孤独と戦車。

孤独と戦車。

おれです。

「グッド・コマーシャル」直前。稽古の熱も帯びてきた。今日は通し。ランタイムは1時間35分。素晴らしいタイムを叩き出している。

1シーンの三人。何かに向かって凝視している。眼差しは鋭いね。

もう今日は日付的に5日なので本番2日前。明日、最終稽古をして、明後日、東京に行ってリハしたら、もう次の日は本番。いよいよという感じもする。超名作ってわりと意識して作らないと超名作にはならへんしな。これは桃園会の深津さんの受け売りなんやけど。

通し後のおれのチェックは付箋の数だけ。本番用音源を再生しながら写真も撮ってチェックもした。一回の通しにこれだけ付箋を貼り付けるのはなかなかない。思いが冷めないうちに全て伝えた。明日は朝から劇場さんと技術打ち合わせ。いろいろ準備してきてるけど、それでもギリギリになっちゃうな。涼しい顔でクリアにしていこう。とかいいつつこれから3日間で白髪まみれになっちゃう可能性もちゃんと考えよう。まったく、演出はいつも孤独との戦いだ。

今までの経験をフル活用しているのが「グッド・コマーシャル」なんだけども、それ以外も、今までの経験が全部無駄じゃなかったんだなと思う事がとても重なってる。縁とかそんなのもあると思うけど今の所「必然」って言葉が一番ふさわしい。

なんだか、長い長い暗闇の中で、何かが絡まり続けて窒息しながらジタバタしていたけど、そんなどうしようもない状況に光が射した。きっともう随分前から射してたんだろうけど、見えてなかったんやな。でも気づいたからさ、あとは光が射すほうへ怖がらず両足で飛び込むだけ。勇気の問題。その先は見た事ない景色なのかもしれないけど、きっと悪くないだろう。動きはなくてもおれは戦車みたいになっている。

年末も近づいていて、町中クリスマス一色。イルミネーションはとても綺麗。スーパームーンは、星々を食い殺すかのような鮮烈な輝きを放っていた。

i love youが灰になっても大丈夫。人生はタイミングが全てや。
笑って笑われていこう。

【メモ】

人事の件をクールに解決。一切問題無し。
青子DVD封入作業。
次回公演の脚本執筆。(東京いる間も進めたい)
「グッド・コマーシャル」渾身の選曲でやっと通った。おれ音響さんちゃうで。
仕立てたスーツに袖も通した。何着か購入したんで、出かけるときは着よう。
来年一発目の出演は1月に決定。嬉しい方から嬉しい誘いだったので快諾!
もうすぐ母の誕生日。普段の礼もしたい。
未発表の某公演は相方がしっかりしすぎていてガンガン突き進んでいる。
アクターとしても活動が再開します2018年。
おれのような奴で良ければお気軽にお誘いください。

シェアする