構造に着手。

構造に着手。

おれです。
今夜は「グッド・コマーシャル」選曲作業と全てのキッカケをさらう。本当はもう少し増やしたい。しかし盛ることが全てじゃないし、出演者3名の力を信じてゴリゴリ行ってもらおう。ノイズになるような演出ならつけないほうがマシだしな。

だれもいない場所で、ひとりで考える。「何億年先でも」に首ったけだった11月も終わり。去年より今年は濃くなってゆく。おれの芝居納めは、まだまだ先になりそうだ。

ほんの少しずつ、けれども確実に、1日1日、日増しに進化しているものがある。こうやって人は成長していくのかもしれない。ちょっと平均体重を下回りはじめてしまった。これどこでやめたらいいのかわからなくなってきたぞ。

怒涛の日々だけど頑張れるだけの補給もしている。

その合間を縫って、ほんのちょっとだけ、心の補給もしに、遠出ができればいいなと思う。

大事なもんをいつもすぐに見失うおれだ。

シェアする